津田このみ保育園はこんなところです。

user-pic
0

 津田このみ保育園は、姫路市飾磨区今在家6丁目 津田小学校のすぐ北にあります。平成11年4月に開園して12年目に入りました。

現在、保育園には、0歳から就学前6歳までの子ども達が178名、職員が31名、三宅分園には0歳から2歳までの子どもが31名、職員が11名います。保育時間の基本は、8時30分から16時。他に夜7時まで延長保育を実施しています。

 

 一日の生活は、縦割り保育で異年齢児との生活体験。お兄ちゃんお姉ちゃん、弟・妹になった気分で過ごしています。お世話をしたり、してもらったり...きょうだいの少ない時代、貴重な体験をしています。年齢別活動は絵や制作、歌や楽器を使って表現したり、自然体験、運動遊びを計画的に取り組んでいます。

 

 津田このみ保育園の事業の特徴として、各年齢の教育・保育の他、子育て支援、発達療育相談など地域の方に園庭やわんぱくルームの開放を実施しています。わんぱくルームは、ログハウスの建物で、とても利用しやすいと好評です。子育て支援の中の母親クラブは、親子で集まり、雑談や育児についての話をしたりして、グループの独自色を活かしながら輪を広げています。

 キンダ―サークルという1ヶ月体験保育を年3回行っています。希望者が多く毎回抽選で10名が保育体験をしています。お母さんと離れてお友だちや保育士と遊び、子どもは友だちと遊ぶ楽しさを知り、お母さん方は、リフレッシュの機会となっています。

 また、子育て情報誌『わんぱく通信』を発行し、地域の子育てファミリーを応援しています。わんぱく通信は、近くのスーパー(Aコープ、マックスバリュー)や保健所などに置いています。

 月に一度、言語聴覚士が来園し、ことばの発達などの相談を行っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://konomi.8leaf.jp/MT4/mt-tb.cgi/1218

コメントする