緊急事態宣言が解除となりました。
しかし、新型コロナウィルスの心配がなくなったわけではなく、ワクチンや特効薬も、まだ開発されていません。
心配や不安が残る中で、色々な活動が始まります。
イベントがある=安全  ということではありませんので、保護者の判断での参加が必要となりますね。

津田このみ学園子育て支援拠点の活動は、随時ブログでお知らせし、毎回申し込みをしていただくことになります。

園庭開放は、公立保育所同様、8月末まで中止とします。

他の活動はまだ、開始の目処はたっていません。


昨年度まで、その年度に初めての来園時に記入していただいてた『子育て支援利用登録』は、メールフォームで出来るようになりました。
事前に登録をお願いします。

子育て支援拠点として、皆様と一緒に活動できない状態です。
そこで、子育て支援用のメールフォームを作りました。


もしよければ、メールフォームに記入し送信してください。
悩みや困ったことを書いていただいても構いません。

こちらからのコメントを加え、内容をブログにUPさせていただく場合があります。
「うちと一緒だ」「なるほど、こんなこともあるんだ」と共有できたらな・・・と思っております。

とりあえず、5月25日~6月12日、試用期間として、限定的に試してみたいと思います。
その後、状況により、持続・変更など考えます。

ご意見もお待ちしております。


アンガーマネジメントとは、その名の通り「怒りと上手に付き合う」方法。自分や他人の「怒り」に振り回されず、「怒り」を上手にコントロールすることで快適な生活やより良い人生を目指していこうとするためのメソッドです。

アンガーマネジメント.PNG













怒りのピークは6秒間だといいます。そのため、この6秒間怒りを抑えることができれば、怒りに任せた衝動的な行動を抑えることができます。
衝動的な怒りに任せて行動することほど危険なことはありません。 人を傷つけたり、関係を壊すようなことを言ったりするのも、大抵この衝動的な怒りからくる行動のはずです。

「怒りを感じたらまずは6秒間やり過ごす」 ── これが大事です。



怒りは、自分が信じている「こうあるべき」という価値観が破られた時に生まれます。

そのため、自分の中にどんな「こうすべき」「こうあるべき」があるか知っておくことが役に立ちます。自分はどんなポイントに反応しやすいのか。それは人によって違い、自分はどこまでならOKで、どこからがNGなのか、境界線を理解しておくことも役に立ちます。イライラしてしまう場面があったら、自分の中の境界線を洗い出してみましょう。


自分の怒りによって変えられることと、変えられないことがあることを理解しておくことも大切です。
例えば、「せっかくの休みなのになんで今日に限って雨なの」とイライラしても天気は変えることができません。

どうにもならないことに対してイライラしたり、思い悩んだりすることは、不要なストレスを抱え込むだけです。
自分にコントロール不可能なことは「まぁしょうがないよね」と割り切って自分ができることに集中しましょう。


 
"保育者の専門性"の指導をされている高山静子先生のブログより

1 親子ともに免疫を高める生活をしましょう
午前中に光を浴び、ふだんよりも早く夕食を食べ、家族で早めにたっぷりと寝ちゃいましょう。不安だと免疫が下がるので、気持ちの軽くなる音楽をかけたり、家族でテーブルゲームや、あっちむいてほいをしたりして笑う生活をしましょう。

2 「関わり貯金」をしましょう
ふだんは忙しくてできなかったことを、この時期にやってみましょう。一緒に遊ぶ、ご飯を子どもとゆっくり作る、部屋の掃除の仕方や洗濯の干し方をていねいに教えてみるなど、ふだんはできない「関わり貯金」をして、10年後に(あの時、一緒に色々なことをしたね)と思いだしましょう。

3 子どもの発達欲求を理解しましょう
子どもは発達するために心と体を動かしたいという欲求にあふれています。乳幼児期は手を使い、動き、人と関わることによって脳のシステムを作る時期です。そのため子どもが家にいると家が散らかります。また親にまとわりつきます。
家が散らかったら「ああ立派な脳ができたな」とあきらめましょう。まとわりついてきたら、「人との関わり方を学びたいんだね、なんて学習意欲の高い子なんだ」と喜びましょう。親が「めんどうだ」と思うことはたいてい子どもにとっていいことです。

4 親子で運動を毎日しましょう
植物は動かないので脳は不要です。人間は道具を使い動き人と関わるために脳が必要です。とくに2歳頃からはバタバタとした動きを欲します。人込みをさけて動き回る時間を作りましょう。マンションの室内では、床に分厚いマットを敷いて防音をしたうえで、手押し車、布団の上で転がる、相撲、ダンス、体操(運動量の高い大人向けを)子どもが全身を動かすことができるようにしましょう。掃除や洗濯などの家事も運動です。

5 子どものストレスになるものを知りましょう
子どもにも礼儀を守りましょう。「ばかじゃないの」など、大人に言わない言葉は言わないようにしましょう。子どもの行動や話は、一度「それがしたいんだね」「そう思ったんだね」と、声に出して受け止めてみましょう。
子どもによって映像メディアの光や音刺激がストレスになる子どもがいます。スマホでゲームをすると機嫌が悪くなる、テレビを見た後は異常に動き回るという行動が見られたらメディア視聴は控えましょう。

6 追いかけられたら追いかけましょう
逃げると追い、追うと逃げるのが子どもです。子どもは親が電話をしたり、仕事に夢中になったりしていると「私を見て、見て」と寄ってきます。そんなときには一度仕事をあきらめ「好き好き大好きだよ」と抱きしめ、高い高いやグルグル回しなど子どもがもういやと逃げていくほど関わりましょう。仕事の机は子どものすぐそばに置いて、子どもにまなざしを送り声をかけるようにしましょう。


みなさん、いかがお過ごしですか?

皆さんの『stay home』のご協力のおかげて、感染者がどんどん増え続けるという最悪な事態が、一旦避けられている状況です。
ありがとうございます。

皆さんが来られる日を心待ちにしながら、色々なおもちゃを作っています。
早く、一緒に遊びたいですね。


ボタンが両方についています。長~く繋げられるかな。
DSCN6827.jpg














両端に磁石が付いています。                          
DSCN6828.jpg














太いのはふわふわして気持ちいい。これも磁石が入っているよ。
DSCN6829.jpg














おままごとの具材。
DSCN6830.jpgのサムネール画像 DSCN6831.jpgのサムネール画像 DSCN6832.jpgのサムネール画像

なに作ろう!
DSCN6834.jpg



































皆さん、お元気ですか。

毎日お疲れ様です。

5月7日現在、具体的な再開の日程や、内容は決まっておりません。

わんぱく通信5月号の紙面発行は、行っておりませんので、ウエブでご確認ください。






ありがとう小.png





昨日、YouTubeで 『大集合「ぽよよん行進曲」お兄さんお姉さん中西圭三さんといっしょ』を見ました。
わが子と一緒に見ていた頃のお兄さんお姉さんの顔を見ると、小さかったわが子を思い出しました。
〇〇が出来ない、△△を食べないなど、悩みながらの育児。
片時も目が離せない。
私を頼りきっている、笑顔、幸せ、、、
でも、ちょっと一人になりたい、、、
そんな日々でした。

それに加え、神経をすり減らし、我慢をさせ、我慢している今。
頑張っているママさんに拍手です。


命がけで頑張っている人もたくさんいますが。

それに劣らないのが、家族・子どものために頑張っているママさんです。
当たり前を当たり前にする大切さは、ママさんが一番知っていると思います。
当たり前は、本当は奇跡が積み重で行われていることを知っていると思います。

ほら、
今、
あなたのそばにいるわが子と初めて出会ったときのこと。

妊娠がわかった時、生まれるということが、どれだけの奇跡を積み重ねていくなんて、知らなかった。
でも、わが子の顔を見たとき。
生まれたのが当たり前だと思わなかった。
そんな気持ちになったのは、私だけではないはずです。


『ぽよよん行進曲』だけでなく、その動画を見ることによって、「私と同じような人が、どこかでこれを見ている」と思えたら、ちょっと肩の力が抜けるかもしれません。
お気に入りの動画を、探してみてください。

私は『ぽよよん行進曲』のあとに見た『民衆の歌』に、力をもらっています。








わんぱく通信5月号



家族の健康、感染防止、子どもたちの成長のために・・・
頑張っている皆さん、本当にありがとうございます。
お疲れ様です。

ありがとう小.png





本園のブログに、色々なあそびレシピをUPしています。
家で過ごすときの参考になれば幸いです。






アイテム

  • アンガーマネジメント.PNG
  • DSCN6834.jpg
  • DSCN6832.jpg
  • DSCN6831.jpg
  • DSCN6830.jpg
  • DSCN6829.jpg
  • DSCN6828.jpg
  • DSCN6827.jpg
  • ありがとう小.png
  • DSCN0025.JPG

タグクラウド

カテゴリ

月別 アーカイブ