新しいHPは、


津田このみ学園HP.png














から、ご覧ください。




ブログは

本園ブログ.png

















から、ご覧ください。

 文部科学省より、文部科学大臣からのメッセージに係る周知依頼が

 ありましたのでお知らせします。

 

 大臣メッセージは以下の文部科学省ホームページURLから御覧い

 ただけます。


https://www.mext.go.jp/content/20200825-mxt_kouhou01-000009569_3.pdf


https://www.mext.go.jp/content/20200825-mxt_kouhou01-000009569_4.pdf

今年は、例年のように卒園児の皆さんにお里帰りにお誘いできないので、
ZOOMでのお里帰りをしました。

事前に、よい子ネットから「このみきっず」に登録されている方へ案内を送信しました。

当日は、1年生から6年生まで20名の参加がありました。
みなさんの大きくなった姿を画面越しではありましたが、見せていただけて
職員一同とても嬉しかったです。

懐かしい園内の写真をみて、場所をあてる津田このみ学園クイズや夏の〇✕クイズをしました。

近況をお話してくれる子どもたちもいて、時間が足りないくらいでした。

暑い時期ですが、皆さん お元気にお過ごしくださいね。
IMG_4584.jpgIMG_4585.jpgIMG_4586.jpg

『夕べの集い』を終えて 保護者からの連絡帳より

令和283

■ "夕べの集い"無事に開催でき、ありがとうございました。缶バッジやスタンプラリーの用紙、キラキラ光る腕輪、たくさんの思い出の品があり、息子は一つずつ一生懸命に説明しながら教えてくれました。説明する息子の表情が満足気で堂々としている何とも言えない嬉しい気持ちになりました。

かまどを作ってピザ作りの時もパン屋さんに行くとどうやってピザの生地をうまく作れるか聞きたいと言っていました。

今回の行事は、いつも以上に配慮が必要だったかと思います。先生方のおかげで楽しく過ごせました。

 

 

■夕べの集い、本当にありがとうございました。この日を楽しみにしていた子ども。こんなことやあんなことするんやで!と日が近づいてくるとニコニコ話をしてくれていました。

いざ、当日。笑顔で行ってきます!と園へ行きました。お迎えに行くと、一つも二つも成長した子どもの顔を見ると、ジーンときました。帰宅するとたくさんたくさん話をしてくれました。コロナで行事が難しい中、開催していただき本当にありがたかったです。

子どもにとって忘れられない時間になったと思います。本当に本当に感謝でいっぱいです。

 

 

■コロナの影響で、夕べの集いさえできないかもって思っていた中、なんとかできて本当に良かったと思います。楽しみすぎて早く行きたい早く行きたいと話していました。色々とイベントを考えてもらって子どもたちはとてもいい経験ができたと思います。

先生たちも総出でやってくれたみたいで本当に感謝です。夜遅くまでやっていただいてありがとうございます。

 

 

■全部楽しかったようで、大興奮で帰ってきました。スタンプラリーはクリアできた?と聞くと、「みんなで協力してクリアできたで!!でも、スタンプラリーっていうからスタンプ押すかと思ったら、シールやっておどろいたわ。」それを聞いた私は目からウロコ...ほんまやと大笑い。余韻も楽しい夕べの集いでした。ステキな缶バッチのプレゼントもありがとうございます。

 

 

■「楽しかった~」と笑顔で帰ってきました。何が一番楽しかったかを聞くと、スタンプラリーと花火だそうです。ブログで様子を見ましたが、いろいろ考えられていて、見ているだけで楽しそうだなぁと感じました。コロナでこんな状況の中、子ども達のために行っていただき、ありがたいです。

 

 

■夕べの集いありがとうございました。

また、一つ成長したようで週末はいつもより少しお姉さんになっていたように感じました。

 

 

■何日も前からこの日を楽しみにしていて、前日もお風呂で「ママ、ぜったいに忘れたらあかんで!!」「忘れたら一生許さへんからな!!」と脅されていました。自分で集合時間、お迎えの時間を言うものの、「ろくじ よんじゅうごじゅっぷん?!はちじ?!あれ?」と軽くパニック(笑)

当日は、集合時間直前に家で爆睡してしまい、起こすと超超機嫌が悪い!泣いてまだ寝たいと。夕べの集いは行くと。ちょっと、てんやわんやでした。

準備をし始めると少し落ち着いたのか、いつものKに。園に行くときには、もう足早で私がついていくのに大変。私の「いってらっしゃい」の声に全く振り向くことなく園に入っていきました。

お迎えの時間には、きれいな花火と子どもたちの喜ぶ声が聞こえてそれだけでウルっときました。

コロナでいろんなことが制限され、例年通りの行事ができない中、先生方が子ども達のためにどれほど考え、日々の保育をしていただいたかと思うと本当に感謝しかありません。

どうすれば行事ができるか、実行するにあたっては、対策はどうしないといけないか、たくさん思案された中での今日の子ども達の笑顔だったんだと思います。

「は~たのしかった~。今日全部全部楽しかった~!」とずっと言ってました。かまどチームの缶バッチもパジャマにつけてとおねだりするくらい。本当に素敵な一日になりました。ありがとうございました。

お友だちが"ピエン"(ピエロ)の話をしていたので、聞いてみると、他のことはたくさん話してくれるのに、それだけは頑なに教えてくれませんでした。

 

 

■夕べの集い、とても楽しかったみたいで、スタンプラリーの紙とピザ作りのバッチを握りしめて寝ていました。何度も何度も「楽しかった」と教えてくれました。行事をするのは大変な時期だと思いますが、とても楽しい思い出を作ってくださってありがとうございました。

731日 梅雨明けを迎え、

今日はいよいよピザ作りの仕上げ。

ハックルさんに聞いた小麦粉、2%のイースト塩を混ぜて生地を作ります。

ソースは子どもたちの投票で決まったデザートピザとミートソース。

窯はマッチで火をつけて準備

ピザパーラーでレンガの窯に入れ焼きます。

今日の出来上がりは最高です

畑のシソで作ったシソジュースと一緒に2種類のピザをおやつタイムに窯を囲んでいただきま〜す

一旦、帰宅して、夕刻からは「夕べのつどい」

夕食、スタンプラリー。ヒヤヒヤドキドキタイム。そしていよいよ、

「おくじょう」で火の神...に出会い

一人一人が火を見つめ、星、月を見つめ、

いよいよ、園庭で花火です。

階段を降りながら子どもが

「花火でお月さま、壊れないかなぁ〜」

屋上で見た月のことを思いやって呟き

ピザを焼く時に「火の大切さと怖さ」を聞いた子どもたちは

花火を見る場所を選びます。

花火の演出も楽しさ倍増

今日1日、グループで楽しい体験、

まだまだ夏の遊びと学びは続きます。

116102279_3332760583614715_4366990351356741210_n.jpg116102281_3332765190280921_8619404072685102798_n.jpg116706539_3332760210281419_1677563193212472953_n.jpg116084791_3332760526948054_107361528530568350_n.jpg116129675_3332765790280861_4657312053044190327_n.jpg116042772_3332760480281392_1477533330733086901_n.jpg116080891_3332760540281386_6191904050466641353_n.jpg116030186_3332760666948040_3834125516412407318_n.jpg116706756_3332760716948035_8675923681389190066_n.jpg116041869_3332760273614746_2420595822797683753_n.jpg116063910_3332760443614729_4097801889243842923_n.jpg
試行錯誤を重ねていたピザづくり
大成功!

朝から生地をこね、ソースをつくり、お昼過ぎにピザ窯で
焼きました。

年長の子ども達が、生地チーム ソースチーム ピザがまチーム
に分かれて、力を結集したピザ。

1つ目は、畑で採れた野菜でソースを作り、なすびやピーマンを乗せて焼きました。
2つ目は、デザートピザ。投票によりももを乗せて焼いています。

どちらもとっても美味しかったようです。
夕べの集いのカレーが食べられるかなと思うくらいボリュームがありました。
DSCN7533.jpgDSCN7534.jpgDSCN7543.jpgDSCN7545.jpgDSCN7549.jpgDSCN7552.jpgDSCN7566.jpgDSCN7580.jpgDSCN7583.jpg


5歳児は農園に夏野菜を育てています。

トマト、トウモロコシ、ナス、パプリカ、バジル、カボチャ、キュウリ、ゴーヤなどたくさん実っています。

さて、どうやって食べようか?

子どもたちの意見で、「ピザ」を作ることになりました。

ピザを焼くには

焼く窯がいる(窯チーム)

生地を作る(生地チーム)

ソースを作る(ソースチーム)

3チームに分かれて話し合いが始まりました。おうちに帰って、お母さんに聞いてみる!次の日にはたくさんの意見が集まりました。

窯チームは近くのホームセンターにレンガを買いに行くことになりました。

水筒をさげて、行きは軽快に歩きます。途中の金融機関の銅像の前でポーズを取る子ども。

ホームセンターでレンガと耐火レンガを購入。さて、どうやって持って帰ろうか?

2グループは背中のリュックに2個入れて...「重いよう」「心臓が重い」「窯チームに入るんじゃあなかった」などと呟きながら帰ってきました。

園庭にレンガを組み立てます。

生地チームとソースチームはお母さんから聞いてきた材料やグラム、焼き方、いろいろな方法で何回もチャレンジ。手にくっつく生地に苦心しながら......「水を入れ過ぎた?」

「どんなソースをのせたらおいしいピザができるかな?」「トマトソース!」「ミートソース」「チーズソース!」

「てりやきソース」

「タマネギを炒める!」など、いろんな提案が出ます。

早速、作って味見をしよう

レンガの窯で火もおこします

薄い生地にしてバジルをのせたり、少し厚みのある生地にはトマトやトウモロコシをのせたり、出来上がりにワクワクします。

が、、裏が真っ黒に焦げた生地に、

なぜだろう??と呟く。

火を加減すること...に気がつきます。

焦げたピザでも上だけ食べて...満足!満足

今日は近くのパン屋さんに来てもらって、実際に目の前で生地を作ってもらいました。

子どもたちの目は釘づけです

リズミカルな手の動き

どんどん艶が出てくる生地に目を丸くしています。生地を触ってみると

「もっちもっちやったー」

「メロンパンみたいやったー」

「ふっわふわやったー」

「ツルツルやったー」

発酵を待つ間・・質問タイム

*お塩は2%でいいですか?

*イーストは何%入れていれるんですか?

*パン屋さんで大変なことは何ですか?

*こねる時間は時間制限ありますか?

*かまどは使っているんですか?

*生地を作るのにどんな道具を使っていますか?

*発酵したら生地はどれくらい膨らむのですか?

などなど、おとな顔負けの質問です

焼き立てのピザの味は

「焼き立てのピザはおいしい」

「いい匂いがする」

「ふっわふわやー」

116375155_3330497690507671_1670011601201774029_n.jpg109790384_3330500757174031_6786527113829202771_n.jpg 115909877_3330497627174344_6793707991760791973_n.jpg116015599_3330500773840696_2110328491093311508_n.jpg116043264_3330503110507129_8925735478972668648_o.jpg116128800_3330503740507066_2967248297195208040_o.jpg116131536_3330500830507357_4195783249875144596_n.jpg116219498_3330500873840686_8710760115555478710_n.jpg

 

木陰でひとやすみ。。。
DSCN7130.jpg




園庭では、012歳児が裸足で遊んでいます。

ホースから飛び出してくる水を傘でしのごうとしています。
水と親しみ、どろんこに触れ、心が開放されていきます。

InkedDSCN7195-2.jpgInkedDSCN7198-2.jpgInkedDSCN7200-2.jpg
































































先生たちは、びっしょり。水がしたたるほどになりました。
力作の短冊を紹介します。
InkedDSCN70832_LI.jpg

月別 アーカイブ