2009年11月アーカイブ

サンタクロースの絵を描きました。

子どもたちはとても嬉しそうに赤い帽子や服を描きます。

またサンタさんの顔だけでなく、プレゼントを運ぶ姿や渡している場面を

描く子どももいました。

そのサンタクロースの絵にメッセージをつけようと

Hくんに「サンタさんに何か言いたいことある?」と尋ねたら

「サンタさん、風邪ひかないようにあったかいところにいてね。」と・・・

欲しいプレゼントをねだるメッセージが多い中

サンタさんを思いやる心があり、なんだか私も温かい気持ちになりました。

 

サンタクロースの絵を描きました。

子どもたちはとても嬉しそうに赤い帽子や服を描きます。

またサンタさんの顔だけでなく、プレゼントを運ぶ姿や渡している場面を

描く子どももいました。

そのサンタクロースの絵にメッセージをつけようと

Hくんに「サンタさんに何か言いたいことある?」と尋ねたら

「サンタさん、風邪ひかないようにあったかいところにいてね。」と・・・

欲しいプレゼントをねだるメッセージが多い中

サンタさんを思いやる心があり、なんだか私も温かい気持ちになりました。

 

年長ぐみの子どもが津田小学校5年生のクラスと給食交流を行いました。

はじめは少し緊張していた子どもたちでしたが、

お兄さん・お姉さんが楽しく声を掛けてくれ、優しく接してくれたので

すぐに打ち解けて給食を食べることが出来ました。

Mちゃんは前に座っているお兄さんたちのやりとりをじっと聞いていたようで

保育士がMちゃんのそばへ近づくと

「先生!この男の子な、牛乳嫌いなんやって!」と

おかしいでしょと言わんばかりの言い方で

前に座っているお兄さんの牛乳嫌いを暴露してしまいました。

5年生のお兄さんもびっくり!顔を真っ赤にさせて

「よう聞いとうな・・・」と小さくつぶやいていました。

 

年長ぐみの子どもが津田小学校5年生のクラスと給食交流を行いました。

はじめは少し緊張していた子どもたちでしたが、

お兄さん・お姉さんが楽しく声を掛けてくれ、優しく接してくれたので

すぐに打ち解けて給食を食べることが出来ました。

Mちゃんは前に座っているお兄さんたちのやりとりをじっと聞いていたようで

保育士がMちゃんのそばへ近づくと

「先生!この男の子な、牛乳嫌いなんやって!」と

おかしいでしょと言わんばかりの言い方で

前に座っているお兄さんの牛乳嫌いを暴露してしまいました。

5年生のお兄さんもびっくり!顔を真っ赤にさせて

「よう聞いとうな・・・」と小さくつぶやいていました。

 

Mくんは、ままごとが大好きです。男の子の中でも

特によく遊んでいます。今朝も、ままごとの台所に立って

スポンジで鍋を丁寧に洗っていました。きっと、お家でよく

見ているんだなぁと思い見ていると、そこへNさんが来て

「Mくん、お母さんになれるわ!」

といいました。子どもの目から見ても上手で感心するほどの

腕前だったようです。

将来 良い主夫になれそうです。

Mくんは、ままごとが大好きです。男の子の中でも

特によく遊んでいます。今朝も、ままごとの台所に立って

スポンジで鍋を丁寧に洗っていました。きっと、お家でよく

見ているんだなぁと思い見ていると、そこへNさんが来て

「Mくん、お母さんになれるわ!」

といいました。子どもの目から見ても上手で感心するほどの

腕前だったようです。

将来 良い主夫になれそうです。

分園の2歳の子どもたちがさつまいもホットケーキを作りました。

さつまいもを切ったりつぶしたり、クッキングに興味を持ち

「やりたい!」と順番を待ちきれずに手を伸ばす姿も見られました。

ホットケーキの粉のさらさらとした感触、混ぜるときの粘り気、甘い香りなど

目や鼻・手など色々な感覚をつかって、調理をする雰囲気を感じていました。

自分たちで切った芋が粉と混ざり、ホットプレートの上で焼きあがるまで

いつ食べられるのかと待ちきれない様子で見つめている姿が印象的で

その分みんなで食べたときのおいしさは格別だったようです。

子どもたち一人ひとりのやってみたいという気持ちや好奇心を大切にし

保育に生かせたらと思っています。

 

分園の2歳の子どもたちがさつまいもホットケーキを作りました。

さつまいもを切ったりつぶしたり、クッキングに興味を持ち

「やりたい!」と順番を待ちきれずに手を伸ばす姿も見られました。

ホットケーキの粉のさらさらとした感触、混ぜるときの粘り気、甘い香りなど

目や鼻・手など色々な感覚をつかって、調理をする雰囲気を感じていました。

自分たちで切った芋が粉と混ざり、ホットプレートの上で焼きあがるまで

いつ食べられるのかと待ちきれない様子で見つめている姿が印象的で

その分みんなで食べたときのおいしさは格別だったようです。

子どもたち一人ひとりのやってみたいという気持ちや好奇心を大切にし

保育に生かせたらと思っています。

 

2歳になったKちゃん。最近、日中に見える白い月に興味津々です。

家では夜に見える黄色い月も見ているようで、

保育園で見える昼間の月と色が違うのを不思議に思っている様子です。

近頃では月に向かって話しかけています。

雲に隠れて見えないときには

「かくれんぼしているのかな?」「お買い物に行っているのかな?」と・・・

子どもの想像力や発想力、そのイメージを言葉に表現する力に

驚かされています。

2歳になったKちゃん。最近、日中に見える白い月に興味津々です。

家では夜に見える黄色い月も見ているようで、

保育園で見える昼間の月と色が違うのを不思議に思っている様子です。

近頃では月に向かって話しかけています。

雲に隠れて見えないときには

「かくれんぼしているのかな?」「お買い物に行っているのかな?」と・・・

子どもの想像力や発想力、そのイメージを言葉に表現する力に

驚かされています。

 作品展がありました。

H君は、作品の仕上げに入ったとき、やる気があまり感じられず、

何となくしている感じだ。保育士が「いいやんか~」と作品の出来を

褒めてもなかなか気分は、乗らない。

しかし、H君の大きな作品を見て年少児のh君が「すごいな~」と

まわりをうろちょろし何度も言うので、だんだんとやる気が起こり

最後には友達をたくさん呼び「ここから見てみ!」と

ベストポジションに立たせ「すごいやろ!!」と大自慢していた。

そこでまた「すごい」と言われ自信作になった。

 作品展がありました。

H君は、作品の仕上げに入ったとき、やる気があまり感じられず、

何となくしている感じだ。保育士が「いいやんか~」と作品の出来を

褒めてもなかなか気分は、乗らない。

しかし、H君の大きな作品を見て年少児のh君が「すごいな~」と

まわりをうろちょろし何度も言うので、だんだんとやる気が起こり

最後には友達をたくさん呼び「ここから見てみ!」と

ベストポジションに立たせ「すごいやろ!!」と大自慢していた。

そこでまた「すごい」と言われ自信作になった。

 「健康診断が嫌だ!」と朝泣いて登園したSちゃん。

流れやすることがわかれば安心するかと思い、詳しく説明した。

特に口の開け方については、「先生は、のどにバイキンがついて

いないか診てくださるので大きな口を開けないとダメだよ。

怖いからって小さな口しか開けていないと痛いことになるかも

しれないからね。大きな口を開けてたらすぐに終わるからね。」

と話した。その話をSちゃんは、うんうんとうなずきながら聞いていて

お医者さんの前でも実践し、みごと泣かずに受診できたのだった。

 「健康診断が嫌だ!」と朝泣いて登園したSちゃん。

流れやすることがわかれば安心するかと思い、詳しく説明した。

特に口の開け方については、「先生は、のどにバイキンがついて

いないか診てくださるので大きな口を開けないとダメだよ。

怖いからって小さな口しか開けていないと痛いことになるかも

しれないからね。大きな口を開けてたらすぐに終わるからね。」

と話した。その話をSちゃんは、うんうんとうなずきながら聞いていて

お医者さんの前でも実践し、みごと泣かずに受診できたのだった。

初めての動物介在英語教室では、子どもたちも

犬に触れるとどうなるのだろうと不安な子や

触りたくてワクワクしている子など様々でした。

英語で話を進めていくこともあり、何を言われているのだろうと

子どもたちも必死にわかろうと努力している様子でした。

先生のジェスチャーを見るなどし、ヒントを逃さないように

目と耳でしっかりと聞いていました。

 犬にも私たちと同じ命があること、脅かしたら怖がることなど

実際に触れることでその大切さが体験を通してわかったことと

思います。

とても穏やかな良い表情をしていました。

初めての動物介在英語教室では、子どもたちも

犬に触れるとどうなるのだろうと不安な子や

触りたくてワクワクしている子など様々でした。

英語で話を進めていくこともあり、何を言われているのだろうと

子どもたちも必死にわかろうと努力している様子でした。

先生のジェスチャーを見るなどし、ヒントを逃さないように

目と耳でしっかりと聞いていました。

 犬にも私たちと同じ命があること、脅かしたら怖がることなど

実際に触れることでその大切さが体験を通してわかったことと

思います。

とても穏やかな良い表情をしていました。

動物介在英語教室では、初回だったので犬との

触れ合いが主だった。積極的に関わろうとしない子も

中にはいたが、親しみを持って関わる友達の姿を見て、

犬の足やお腹を少し触り、温かいことや心臓がドキドキ

していることなどを感じていた。

ほとんどの子が終始「かわいい」と言い表情もリラックスして

癒された様子だった。

部屋に戻ってからも犬の話ばかりしていた。

動物との触れ合いを通しこれからどんな風に

英語が教育として入ってくるのか楽しみだ。

 

動物介在英語教室では、初回だったので犬との

触れ合いが主だった。積極的に関わろうとしない子も

中にはいたが、親しみを持って関わる友達の姿を見て、

犬の足やお腹を少し触り、温かいことや心臓がドキドキ

していることなどを感じていた。

ほとんどの子が終始「かわいい」と言い表情もリラックスして

癒された様子だった。

部屋に戻ってからも犬の話ばかりしていた。

動物との触れ合いを通しこれからどんな風に

英語が教育として入ってくるのか楽しみだ。

 

作品展すごかったですね~

男の子はダイナミックで女の子は細かいディテールにまでこだわっていて

「こんなことができるんだ~」と感心してばかり。

主人も「日常にあるもので作り上げ、この材料で何が出来るか考える過程で

大人にはない発想で、子どものうちからこんな経験ができるの

たnはすばらしい!

機関車の車輪を空き缶で作っている作品をみて、僕も仕事に対して

違う目線を持てるような気がした。インスピレーション感じた!」と

大絶賛をし感動していました。

先生方の下準備とお力で作品展も見事大成功!

家族みんなで楽しませていただきました。

ありがとうございました。

 

作品展すごかったですね~

男の子はダイナミックで女の子は細かいディテールにまでこだわっていて

「こんなことができるんだ~」と感心してばかり。

主人も「日常にあるもので作り上げ、この材料で何が出来るか考える過程で

大人にはない発想で、子どものうちからこんな経験ができるの

たnはすばらしい!

機関車の車輪を空き缶で作っている作品をみて、僕も仕事に対して

違う目線を持てるような気がした。インスピレーション感じた!」と

大絶賛をし感動していました。

先生方の下準備とお力で作品展も見事大成功!

家族みんなで楽しませていただきました。

ありがとうございました。

 

待ちに待った遠足の日。。。

しかし天候は朝から雨模様です。

雨の上がったタイミングをみて近くの公園へ出かけた2歳児。

途中でもサ~ッと雨が降り、

予期せぬハプニングにも「キャ~」と逃げ回って大喜び。

朝に急遽作ってきた、ナイロン袋で作ったカッパを一人ずつ着ると

それにも大喜び!

「シャカシャカ鳴るね」といつもと違った遠足も楽しめました。

雨の合間には落ちている真っ赤なもみじを見て

「手袋~」と自分の小さな手に合わせてみる姿も見られ

雨も秋も感じた一日でした。

待ちに待った遠足の日。。。

しかし天候は朝から雨模様です。

雨の上がったタイミングをみて近くの公園へ出かけた2歳児。

途中でもサ~ッと雨が降り、

予期せぬハプニングにも「キャ~」と逃げ回って大喜び。

朝に急遽作ってきた、ナイロン袋で作ったカッパを一人ずつ着ると

それにも大喜び!

「シャカシャカ鳴るね」といつもと違った遠足も楽しめました。

雨の合間には落ちている真っ赤なもみじを見て

「手袋~」と自分の小さな手に合わせてみる姿も見られ

雨も秋も感じた一日でした。

今日はあいにくの雨模様。

2歳児の子どもたちはテラスから外を眺めて

「雨が降っているね・・・外に遊びに行けないね・・・」

と話しています。

「どうして行けないの?」と保育士が尋ねました。

すると「濡れるから~」「びしゃびしゃになる」と教えてくれました。

「じゃあ、濡れないように傘さして外に出てみようか?」と提案し

一人ずつ傘をさして外へ出てみました。

他の子どもは自分の順番が回ってくるのを楽しみにしています。

「どんな音がする?」と質問すると

「トントントン」「ピチピチ」「パンパン」

少し傘をずらしてみると

「冷たいね」と。

個々それぞれに体験し、自分で感じたことを伝え合うことの大切さを

たくさん経験できるといいですね。

 

 

今日はあいにくの雨模様。

2歳児の子どもたちはテラスから外を眺めて

「雨が降っているね・・・外に遊びに行けないね・・・」

と話しています。

「どうして行けないの?」と保育士が尋ねました。

すると「濡れるから~」「びしゃびしゃになる」と教えてくれました。

「じゃあ、濡れないように傘さして外に出てみようか?」と提案し

一人ずつ傘をさして外へ出てみました。

他の子どもは自分の順番が回ってくるのを楽しみにしています。

「どんな音がする?」と質問すると

「トントントン」「ピチピチ」「パンパン」

少し傘をずらしてみると

「冷たいね」と。

個々それぞれに体験し、自分で感じたことを伝え合うことの大切さを

たくさん経験できるといいですね。

 

 

11月13・14日と園内で作品展が開かれ

子どもたちの作品を展示します。

それに向けて子どもたちは思い思いの作品を作っています。

2歳児のKくん、早々から「完成~!!!」と言っていましたが

友達が色を丁寧に塗っているのをみて、

「僕も!」と完成したはずの作品に

「ここ!ここ!!ここも塗るわ!」と塗り残したところを懸命に探し

丁寧に仕上げました。

11月13・14日と園内で作品展が開かれ

子どもたちの作品を展示します。

それに向けて子どもたちは思い思いの作品を作っています。

2歳児のKくん、早々から「完成~!!!」と言っていましたが

友達が色を丁寧に塗っているのをみて、

「僕も!」と完成したはずの作品に

「ここ!ここ!!ここも塗るわ!」と塗り残したところを懸命に探し

丁寧に仕上げました。

 大きな鍋にお湯をわかし玉ねぎの皮を入れると

「あーなんかいいにおいがするー。」

そこで質問です。

「玉ねぎの皮を炊くとどんな色になるでしょうか?」

「みどり!」

「あか!」

「きいろ!」

「ちゃいろ!」

とそれぞれが答えた。

「じゃあ どうして そんな色になると思う?」

「水にとけたから。」

「玉ねぎの皮の色が水にうつったから。」

そして、みんなで鍋の中をのぞき込み

玉ねぎの皮を一つひっぱり出してみると

皮も少しうすーくなっていました。そこに布を入れ

ミョウバン水の中に入れると〝茶色から黄色に!〟

「えっ?なんで?」「きれいな色~」

それぞれ水で洗い広げてみるといろんな模様が出てきました。

「なんか顔みたい!」

「ミッキーみたい!」

いろんな気付きや発見のあった草木染めでした。

 

 

 

 

 大きな鍋にお湯をわかし玉ねぎの皮を入れると

「あーなんかいいにおいがするー。」

そこで質問です。

「玉ねぎの皮を炊くとどんな色になるでしょうか?」

「みどり!」

「あか!」

「きいろ!」

「ちゃいろ!」

とそれぞれが答えた。

「じゃあ どうして そんな色になると思う?」

「水にとけたから。」

「玉ねぎの皮の色が水にうつったから。」

そして、みんなで鍋の中をのぞき込み

玉ねぎの皮を一つひっぱり出してみると

皮も少しうすーくなっていました。そこに布を入れ

ミョウバン水の中に入れると〝茶色から黄色に!〟

「えっ?なんで?」「きれいな色~」

それぞれ水で洗い広げてみるといろんな模様が出てきました。

「なんか顔みたい!」

「ミッキーみたい!」

いろんな気付きや発見のあった草木染めでした。

 

 

 

 

今日はSくんの3歳の誕生日です。

クラスでお誕生日会をしました。

前日から誕生日会を楽しみにしていたSくん。

「おなまえは?」「好きな食べ物は?」との友達からの質問に

みんなの前でしたが恥ずかしがることなくしっかりと答えることができました。

そして何をするときも

「Sはな、もう3歳やから何でも出来るんや!」と

胸を張って自信満々でした。

そんなSくんをみていたMくんが

「Mの誕生日は?いつ?もうすぐ?」とたずねてきました。

MくんもSくんのように立派になりたかったのでしょう。

誕生日を迎えることで子ども自身も成長への喜びを感じているようです。

今日はSくんの3歳の誕生日です。

クラスでお誕生日会をしました。

前日から誕生日会を楽しみにしていたSくん。

「おなまえは?」「好きな食べ物は?」との友達からの質問に

みんなの前でしたが恥ずかしがることなくしっかりと答えることができました。

そして何をするときも

「Sはな、もう3歳やから何でも出来るんや!」と

胸を張って自信満々でした。

そんなSくんをみていたMくんが

「Mの誕生日は?いつ?もうすぐ?」とたずねてきました。

MくんもSくんのように立派になりたかったのでしょう。

誕生日を迎えることで子ども自身も成長への喜びを感じているようです。

しぶ柿をいただきました。

このままでは食べられないため、年長児がひもにくくりつけて

軒下に干すことになりました。

どうして干すのか・・・・

絵本でしっかり調べました。

 ・太陽と風が甘くしてくれること

 ・揉むとおいしくなること

 ・30日干すこと

 ・冷蔵庫で冷やすこと

を知り、干し柿体験をしました。

1ヶ月後にあまくなった干し柿を食べるのが楽しみです。

しぶ柿をいただきました。

このままでは食べられないため、年長児がひもにくくりつけて

軒下に干すことになりました。

どうして干すのか・・・・

絵本でしっかり調べました。

 ・太陽と風が甘くしてくれること

 ・揉むとおいしくなること

 ・30日干すこと

 ・冷蔵庫で冷やすこと

を知り、干し柿体験をしました。

1ヶ月後にあまくなった干し柿を食べるのが楽しみです。

1歳児・2歳児クラスではお家の人が子どもと一緒に保育園生活を体験する

保育参加を実施しています。

今日は2歳児クラスTちゃんの保育参加の日。

Tちゃんのお母さんは我が子だけでなく色んな子と遊んでいました。

Tちゃんはお母さんの目が自分の方に向いていないことにやきもちをやき

遊んでいても常に「かぁちゃん!」と必死に呼んでアピールしています。

お母さんはTちゃんのやきもちに気付き

「Tちゃんの事見てるよ~。お友達も見て欲しいって言っているからね。

すぐTちゃんのところに行くからね。」と優しく声をかけました。

するとTちゃんは怒ることもなく

「わかった。待っとくな。」とTちゃんも落ち着いて嬉しそうに過ごせました。

帰り際には「また来て遊んでね。いっぱい遊べて楽しかった。」と

お母さんにTちゃんが話していました。

お母さんも、子どもにゆっくり関われて、楽しかったと話されていました。

1歳児・2歳児クラスではお家の人が子どもと一緒に保育園生活を体験する

保育参加を実施しています。

今日は2歳児クラスTちゃんの保育参加の日。

Tちゃんのお母さんは我が子だけでなく色んな子と遊んでいました。

Tちゃんはお母さんの目が自分の方に向いていないことにやきもちをやき

遊んでいても常に「かぁちゃん!」と必死に呼んでアピールしています。

お母さんはTちゃんのやきもちに気付き

「Tちゃんの事見てるよ~。お友達も見て欲しいって言っているからね。

すぐTちゃんのところに行くからね。」と優しく声をかけました。

するとTちゃんは怒ることもなく

「わかった。待っとくな。」とTちゃんも落ち着いて嬉しそうに過ごせました。

帰り際には「また来て遊んでね。いっぱい遊べて楽しかった。」と

お母さんにTちゃんが話していました。

お母さんも、子どもにゆっくり関われて、楽しかったと話されていました。

4歳児が自然教室にでかけ公園でどんぐりを拾いました。

そのどんぐりを使って、草木染めを体験しました。

白いハンカチにどんぐりをのせ、

それをかぶせるようにタコ糸をぐるぐる巻きつけます。

完成したハンカチはしばらく時間をおきます。

「何色になるんやろう~?」と心待ちにしている子どもたち。

さぁ~仕上がりはどんな色になるのかな??

4歳児が自然教室にでかけ公園でどんぐりを拾いました。

そのどんぐりを使って、草木染めを体験しました。

白いハンカチにどんぐりをのせ、

それをかぶせるようにタコ糸をぐるぐる巻きつけます。

完成したハンカチはしばらく時間をおきます。

「何色になるんやろう~?」と心待ちにしている子どもたち。

さぁ~仕上がりはどんな色になるのかな??

保育園では秋祭りが終わった今でも「ヨーイヤサッ」と祭囃子が聞こえます。

10月31日土曜日は、お家の人と一緒にお祭りごっこをしました。

手作りのみこしを肩に、大はりきりの子どもたちです。

その中には卒園児も入っていて、初めは恥ずかしそうにはしていましたが

さすが津田の祭り好きな子どもたち。

在園児に混ざって卒園児も「ヨーイヤサ!!!」と大きな声をだして

大盛り上がりの一日でした。

保育園では秋祭りが終わった今でも「ヨーイヤサッ」と祭囃子が聞こえます。

10月31日土曜日は、お家の人と一緒にお祭りごっこをしました。

手作りのみこしを肩に、大はりきりの子どもたちです。

その中には卒園児も入っていて、初めは恥ずかしそうにはしていましたが

さすが津田の祭り好きな子どもたち。

在園児に混ざって卒園児も「ヨーイヤサ!!!」と大きな声をだして

大盛り上がりの一日でした。

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。