2010年1月アーカイブ

 0歳児のSさんが、巧技台に興味を持ち、滑り台のところで

1~2歩はいはいして進もうとするのですが、なかなか上に登れず

いました。でも今日とうとう上へ登る事ができました。

きっかけは、Aさん。すべり台の上からSさんを見て、

嬉しそうに話しかけていたところ、急にためらいもなく

登りました。子どもどうしの力を改めて感じました。

 0歳児のSさんが、巧技台に興味を持ち、滑り台のところで

1~2歩はいはいして進もうとするのですが、なかなか上に登れず

いました。でも今日とうとう上へ登る事ができました。

きっかけは、Aさん。すべり台の上からSさんを見て、

嬉しそうに話しかけていたところ、急にためらいもなく

登りました。子どもどうしの力を改めて感じました。

 犬のぬいぐるみが大好きなAさん。赤ちゃん人形には、服があるのに

犬のぬいぐるみには服がなくて、『わんちゃん寒そうやな』と抱っこをして

あたためていました。すると、『そうや!』と思いつき、スナップボタンの

ついたフェルトを持って来て体に巻きつけボタンで留めます。

『先生!これわんちゃんの腹巻やで。』とわんちゃんの体調にも気を

配っていました。

 犬のぬいぐるみが大好きなAさん。赤ちゃん人形には、服があるのに

犬のぬいぐるみには服がなくて、『わんちゃん寒そうやな』と抱っこをして

あたためていました。すると、『そうや!』と思いつき、スナップボタンの

ついたフェルトを持って来て体に巻きつけボタンで留めます。

『先生!これわんちゃんの腹巻やで。』とわんちゃんの体調にも気を

配っていました。

寒い日が続くある日のこと。

1歳児と2歳児で、一緒に散歩に出かけました。

「風が冷たいね。」「お日様でないかな?」と話しながら

散歩していると、ある畑のバケツに氷が張っているのを発見!

「これなぁに?」と興味津々でバケツを覗き込む子どもたち。

2歳児の子がみんなに「これ氷やで。」と教えてくれました。

「こおり?」と不思議そうな1歳児の子どもたち。

せっかくなので、みんなで氷を触ってみることにしました。

触ってすぐにどの子も、「「冷たい!!」と急いで手を引きます。

でもやはり、もう一度触ってみたいようで何度もツンツン触って遊びました。

「氷」「冷たい」「硬い」

知らなかったことをたくさん知ることができました。

冬の貴重な体験をした散歩でした。

 

 

寒い日が続くある日のこと。

1歳児と2歳児で、一緒に散歩に出かけました。

「風が冷たいね。」「お日様でないかな?」と話しながら

散歩していると、ある畑のバケツに氷が張っているのを発見!

「これなぁに?」と興味津々でバケツを覗き込む子どもたち。

2歳児の子がみんなに「これ氷やで。」と教えてくれました。

「こおり?」と不思議そうな1歳児の子どもたち。

せっかくなので、みんなで氷を触ってみることにしました。

触ってすぐにどの子も、「「冷たい!!」と急いで手を引きます。

でもやはり、もう一度触ってみたいようで何度もツンツン触って遊びました。

「氷」「冷たい」「硬い」

知らなかったことをたくさん知ることができました。

冬の貴重な体験をした散歩でした。

 

 

ビニール袋で凧をつくりました。

私がNさんに「ほら、凧ができたよ。」と完成した凧を見せると、

「じゃあ今から海行って泳ごか!」と元気いっぱいの一言。

凧と海のタコとを勘違いしたようで、

「この凧はお空を泳ぐんだよ。」と笑いながら言うと、

不思議そうに首をかしげていました。

とってもかわいい勘違いに、あったかい気持ちになりました。

 

 

ビニール袋で凧をつくりました。

私がNさんに「ほら、凧ができたよ。」と完成した凧を見せると、

「じゃあ今から海行って泳ごか!」と元気いっぱいの一言。

凧と海のタコとを勘違いしたようで、

「この凧はお空を泳ぐんだよ。」と笑いながら言うと、

不思議そうに首をかしげていました。

とってもかわいい勘違いに、あったかい気持ちになりました。

 

 

この頃、食べる真似をして遊んでいる0歳児の子どもたち。

今日は箱の上に布を被せてテーブルを作ってみました。

すると、それを見つけたTさんとAさんはすぐに遊び始めました。

ジュースやお弁当箱を置いて、食事タイムです。

すると、Aさんは、布をめくり、布の中に足を入れようとしはじめました。

・・・どうやら"こたつ"のつもりだったようです。

箱に布をかけただけのテーブルなので上手く足が入りませんが、

足に布の端をかけてゴロゴロ・・・。

家での様子を再現してくれていたようです。

寒い日は大人だけじゃなく子どももこたつが恋しいのですね。

この頃、食べる真似をして遊んでいる0歳児の子どもたち。

今日は箱の上に布を被せてテーブルを作ってみました。

すると、それを見つけたTさんとAさんはすぐに遊び始めました。

ジュースやお弁当箱を置いて、食事タイムです。

すると、Aさんは、布をめくり、布の中に足を入れようとしはじめました。

・・・どうやら"こたつ"のつもりだったようです。

箱に布をかけただけのテーブルなので上手く足が入りませんが、

足に布の端をかけてゴロゴロ・・・。

家での様子を再現してくれていたようです。

寒い日は大人だけじゃなく子どももこたつが恋しいのですね。

初詣

user-pic
0

子どもたちと初詣に行ってきました。

神社の中を指さし、「あの中何がおるん?」と言うNさん。

「神様が寝ているんだよ。」と言うと、

「え~、お姫様はいないの?」と残念そう。

狛犬を見ると、「かいじゅうが見てる~!!」と私の後ろに隠れました。

子どもの目線で周りを見ると、こわく見えたり話しているように見えたり、

いろんなおもしろい発見ができます。

 

初詣

user-pic
0

子どもたちと初詣に行ってきました。

神社の中を指さし、「あの中何がおるん?」と言うNさん。

「神様が寝ているんだよ。」と言うと、

「え~、お姫様はいないの?」と残念そう。

狛犬を見ると、「かいじゅうが見てる~!!」と私の後ろに隠れました。

子どもの目線で周りを見ると、こわく見えたり話しているように見えたり、

いろんなおもしろい発見ができます。

 

子どもたちが楽しみにしていたおもちつき。

しっかりエプロンと三角巾を持ってきて、大張り切りのHさん。

3歳以上児のお兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒に楽しみました。

きなこもちは普段好き嫌いのあるYちゃんがとてもたくさん食べていたのにびっくり!

家でもおもちは食べていないようなので、自分で参加したおもちつきだからこそ、

食べる意欲が湧いたのだと思います。

どんどん様々な経験をし、子どもの意欲がかきたてられるようにしたいです。

子どもたちが楽しみにしていたおもちつき。

しっかりエプロンと三角巾を持ってきて、大張り切りのHさん。

3歳以上児のお兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒に楽しみました。

きなこもちは普段好き嫌いのあるYちゃんがとてもたくさん食べていたのにびっくり!

家でもおもちは食べていないようなので、自分で参加したおもちつきだからこそ、

食べる意欲が湧いたのだと思います。

どんどん様々な経験をし、子どもの意欲がかきたてられるようにしたいです。

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。