2010年8月アーカイブ

10月2日(土)津田小学校グランドで運動会を予定しています。プログラムの中に祖父母の方に出場していただく競技があります。競技は、綱引きで子どもたちと対戦する予定です。メンバーを募集していますので参加してくださる方は、保育園の門に掲示してある張り紙に名前と人数を記入してください。

この赤い実なんでしょうか?

口に入れてみると・・・

甘いです。

ゴーヤ.jpg

 

 

 

 

 

 

答えは、ゴーヤの種です。

苦いのかなと思いきや、口に入れると甘くてびっくり!

葉っぱは、涼しいグリーンカーテン。

緑の実は、ちょっと苦いけど栄養たっぷり。

種は、真っ赤で甘い。不思議な野菜ですね。

 夏は、子どもたちの発達をより促していけるように職員が交代でたくさんの研修に出かけ勉強しています。

先日は、わんぱくルームで乳児保育の研修会が行われました。子どもの生活リズムを24時間トータルで考えること、離乳食の進め方など・・・子どもが意欲的に活動するために必要な援助とは何かを具体的に学びました。

乳児研修.jpg

 

 クラスの集まりで「ジャンケン列車」をすることになりました。3歳児の子もルールがわかっていて、ジャンケンして負けたら勝った子の後ろにくっついて列車がだんだん長くなる遊びです。ところが、どうしても先頭になりたい5歳児のR君は、何回もジャンケンをし直したり、ジャンケンをしなかったり・・・とルールを破っていました。それに気づいた5歳児のA君、「ずるい!ルール守ってない!」と言います。さっそくみんなで話し合いをすることになりました。「勝ちたい気持ちはわかるけどルールを守ることも大切」ということが再確認できました。そして、もう一度だけジャンケン列車をすることになりました。

すると、R君はルールを守って、しかも最後には列車の先頭になることができ満面の笑みで後ろにクラス全員がつながっていました。ルールを守った上で先頭になることは、ルールを守らないよりずっとずっとうれしいことだと感じたことでしょう。

3・4・5歳児つばめ組

8月7日(土)神戸で行われました日本個性化教育学会で園長が「保幼小連携について」の発表をしました。津田このみ保育園では、津田小学校や各小学校と連携をとり、子どもたちがなめらかに小学校へと移行できるよう取り組んでいます。乳幼児期に子どもをどう育て、次のステップにつないでいくか 今後とも各家庭と協力しながら進めていきたいと思います。

DSC03523.jpg

 月曜日は、休み明けということで休みの間に経験したことや楽しかったことを教えてくれる子どもたち。「先生!大きい花火見たんや。お父さんとお母さんとお姉ちゃんと見たんやで。」と得意気に話すHさん。両手を広げ花火の大きさを体全体で伝えてくれました。家族と経験したことはこれから先もずっと記憶に残ると思います。できるだけたくさん家族で体験する機会を増やしてもらえたら・・・と思います。

小さなプールに水と氷を入れてみました。水の上にプカプカと氷が浮かぶのを見て、キラキラ光る氷をつかもうと手を伸ばしますが、氷の冷たさに驚いて思わず落としてしまう子もいました。でも、「つめたい!」と言いながら、氷を触ったり、ほっぺや手にピタッとくっつけたり、思い思いに遊びました。しばらくすると氷は溶けてしまいましたが、氷の感触を楽しみました。

三宅分園 たんぽぽ組

 職員室の前にあるゴーヤのつるが伸びてきました。グリーンカーテンになり陰ができ涼しい風が吹くのでそこに座ってお茶を飲んで一呼吸。するとHさんが「黄色の花が咲いている!」と上の方を指差します。「あっちにもあるよ!」とTさん。かわいい花が太陽の光に照らされて光っています。ふと横を見るとその花の横に小さな緑の実。「これなんだろう?」と尋ねると「マメ!」とTさん。ゴーヤのデコボコがまだ小さくてわかりにくかったようです。実がもっと大きくなるまで答えは'おあずけ'です。

 午後おやつが終わった頃になるとAさんがウロウロ歩き回りながら声を出してよく笑います。何がおもしろいのだろう?としばらく様子を見ていました。すると、西側の窓は西日が強くカーテンを閉めているのですが、そこから少し光がこぼれ室内に光の線ができていました。その線の上を歩き、行ったり来たりして楽しんでいました。大人が気にも留めないことにAさんは気づき遊んでいました。

光と影の不思議さ、おもしろさ・・・そういったものを毎日の生活の中で子どもたちと感じていきたいです。

ひよこ組

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。