2015年3月アーカイブ

姫路城のお祝いでブルーインパルスが祝賀飛行。

今日は、屋上や畑、園庭でブルーインパルスを見ました。

「かっこいいー」
「あっちへ飛んだ!」
「わぁ ハートや!」
「花のかたちや!」

と大騒ぎで空を見上げました。

空も祝賀しているかのような青空。

心弾む航空ショーでした。
DSCN1464.jpgP1030585.jpgP1030588.jpgP1030594.jpg

大好きな年長さんが、津田このみ保育園から小学校へと
羽ばたいて行きます。

今年度も卒園式を無事終え、子どもたちの成長を感じました。
ピンと伸びた背筋、目の輝き・・・

一年生になってもきっと大丈夫。


卒園式では、1年間をスライドショーで思い出を振り返り、
式の終わりにサプライズでよしえもんが"お友だちと
"仲良くなる術"を教えてくれました。

卒園式終了後、やまももの会有志の方がシャボン玉をとばして
お祝いにかけつけてくださいました。

みんなの気持ちがこもった予想外のサプライズが重なり、
温かい雰囲気の卒園式となりました。

DSCN1443.jpgDSCN1444.jpgDSCN1450.jpgDSCN1462.jpg


  
子ども達は、お茶会前後で所作が変わります。

来るときは、バタバタとせわしくやってきます。
ところが、お抹茶とお菓子をいただき、帰って行くときには
上品に歩いて帰っていきます。

心も落ち着き、穏やかな表情です。

DSCN1435.jpgDSCN1439.jpg

園長先生によるお茶会が開かれました。
順次、年長さんが招待されます。

今日は、かなりや組つばめ組の年長児がお茶をいただきました。
お運びさんは、かなりや組のお嬢さん方にお願いしました。

みんな落ち着いていて、和やかな会となりました。

DSCN1420.jpgDSCN1422.jpg

保護者の皆さまからのアンケート回答は、園指定の服を着用することに賛成される方が全体の2/3という結果でした。賛否両論あるとは思いますが、何より園児の安全を第一に考えていきたいと思いますので、ご理解いただきたいと思います。お別れ遠足でも遊んでいる時、一般の子どもと園児の見分けがよくできるので目が届きやすく子どもたちが迷子になることもトラブルにあうこともありませんでした。

平成27年度は、移行期間とし、2歳以上は、園指定の体操服 体操ズボン トレーナーでできるだけ通園しましょう。私服での登園も結構です。ほとんどの方が、行事用に1枚用意されている状態だと思います。一年間は、急いで毎日着用する分を購入しなくても構いません。行事の頃に新しいものを揃える、貰い受けを待つなどして徐々に対応をお願いします。

尚、園指定服の注文は、新年度に入ってからおたより配布の予定です。

今日の遠足はとても長い距離を歩くということで とても心配でした。
お迎えに行くとまだみんなお昼寝タイムでかなり疲れているだろうと
思いましたが、家に帰ってからはまだまだ遊びたいという感じでした。
Yに「今日はめっちゃ頑張ったなぁ!!、Yの足さんもよくがんばってくれたわ」
と言うと、Yは、自分の足に「足さん、ありがとう!」と言いました。
公園でみんなと鬼ごっこをしたことや誰がころんだとか靴が脱げた子がいる
とか、いろいろ報告してくれました。
ヘリコプターを見た話は、身ぶり手ぶりで話してくれました。
今日の遠足は、Yにたくさんの経験と思い出と自信を持たせてくれたようです。
   3歳児 母より
 お別れ遠足をして頂き、ありがとうございました。
手柄山公園まで歩くと聞いた時、大丈夫かな・・・と不安でしたが、
お迎えに行った時のKの顔は満面の笑み!! "やりとげたぞ~!!"という
達成感が伝わってきました。
 そして、我が子ながら感心したのが、「赤組のAちゃんと手をつないで
行ったんやけど赤組さんは守ってあげなあかんから私が車道のほうを
歩いた」という言葉でした。私が指導したわけではないので、自分で
考えてそうしたのでしょうが、「弱い者を守る」という意識があることに
とても嬉しく思いました。自分が赤組の時、当時の年長さんが大切に
してくれた事がその行動につながったのでしょうね。
 保育園では、最後の遠足なので私も張り切ってキャラ弁に挑戦
しましたが、それも見事に完食。
小学校に進学してもこれならなんとか大丈夫かな?と親も安心させられた
遠足でした。        年長児 母より

お天気が心配されましたが、予定通り遠足に行きました。

0歳1歳のお友だちは、公園でしゃぼんだまをしたり、たんぽぽを見つけたり...
ゆったり楽しみました。


2歳児は、津田公園でいっぱい遊んだ後、お弁当です。
自分でレジャーシートを敷き、お弁当を広げ、「ぼくのお弁当 お母ちゃんが
作ってくれたんやで。」と嬉しそうに友だちと見せ合いっこしていました。

DSCN1368.jpg
DSCN1370.jpgDSCN1401.jpg

暖かくて、よいお天気の中、3.4.5歳児がお別れ遠足に行くことができました。

行き先は、手柄山公園。
クラスごとに歩いて行きました。

行きは、片道60分弱。帰りは、70分かかりました。
みんな 本当によく歩きました。
公園についてからも、群れ遊びや遊具で思いっきり遊び、
お弁当タイムは、お家の方々からの愛情を感じながらの幸せなひと時でした。

お友だちの力は、すごい!みんなで励まし合って歩くことができました。

3歳児さんにとっては、遠い道のりを歩くだけでも大冒険。
4歳児さんは、次は自分たちが年長さんになるんだから頑張るんだと意気込み。
5歳児さんは、3歳児4歳児を励ましながら 遊びをリードし主体的に活動していました。

園に帰ってからも、一息休憩したら、元気回復し 外で走り回る子どもたちでした。

大人の想像をはるかに超えて、たくましく育ってきているのだということを目の当たりにしました。
DSCN1270.jpgDSCN1274.jpgDSCN1278.jpgDSCN1300.jpgDSCN1307.jpgDSCN1314.jpgDSCN1327.jpgDSCN1329.jpgDSCN1335.jpg

本日予定してくださっておりました掃除などのボランティアは、雨天のため中止とさせていただきます。

ボランティアに多数ご協力くださる旨をお伺いし、職員一同感謝しております。
皆様のお気持ちは、確かに受け取りました。

ありがとうございました。今後ともご協力よろしくお願いいたします。

津田このみ保育園 職員一同 
3月8日(日)姫路駅前で行われました『パパフェス』のオープニングに3,4,5歳児有志が
出演しました。
歌を歌い、体操を披露しました。

イベントにも親子連れで参加し、楽しい一日だったようです。

乳幼児期、親子でふれあう時間は、きっと大きくなっても宝物となるでしょう。

securedownload.jpg




年長児有志が姫路市主催の防災啓発イベント「まもりんピック姫路」に参加しました。
会場は、市内のこども園や保育園のお友だちもたくさん集まり、
かんべえくん体操をしたり、競技に出場したり、消防音楽隊の音楽に合わせて踊ったり歌ったり...
楽しいイベントでした。

津田このみ保育園の子ども達は、「ちびっこ救急隊 急げ! けが人搬送リレー」に参加。
みんなで力を合わせて、けが人(くまさんのぬいぐるみ)を担架で運び、包帯を巻いて、救急車に乗せるという競技でした。どの子も楽しそうな笑顔が見られました。


保護者の皆さまは、競技中はもちろんのこと、集合解散時自然とみんなで集まり、保護者の方も和気あいあいと会話が弾んでいるようでした。卒園してからもお母さん仲間が仲良く続いていくのだろうなと思いました。
一所に集まってくださっていたおかげで、園児の引き渡しもスムーズに行うことができました。
いつもご協力ありがとうございます。

DSCN1808.jpgDSCN1819.jpgDSCN1825.jpgDSCN1830.jpg

じゃがいものたねいもを植えました。

「ポテトチップスもじゃがいもで出来とうで」「スープに入っとうやん。シチューとか」「ポテトサラダで食べたいなぁ」と、ジャガイモのメニューを思い浮かべながら準備。

たねいもを植えている時は、「このじゃがいもが出来とうころは、年長さんや」というつぶやきに、表情を引き締める子も。

春の気配とともに、大きくなるという自覚を持って来ている子ども達。
このじゃがいもを収穫するころは、じゃがいもより成長している子どもたちの姿があるのでしょうね。
1791.jpg
1792.jpg
前日の『ひな祭りメニュー』に続き、桃の節句の日のおやつは、『ひなおにぎり』
「わぁ~、のりが着物みたいやなぁ」「頭から食べよ」と、楽しそうに食べていました。
1771.jpg

やまももの会のお母さん方と、ピアノとバイオリンのお姉さんによる、春のコンサートがありました。

まずは、やまももの会の有志のお母さん方による、『妖怪ウォッチメドレー』
大人気の曲なので、子ども達は歌って踊って大慶び。

1716.jpg














しかし、あっという間に妖怪は去り、ドレスを着たピアノとバイオリンのお姉さん登場にどよめきが・・・
女の子たちは、目を見開き「エルサや」「エルサが来た」と憧れの表情。

1727.jpg














最初の曲『パッフェルベル カノン』では、優しいメロディーの追いかけっこに聴き入り、リラックスして友だちと微笑みを交わしている姿が多くみられました。
2曲目の『アナと雪の女王メドレー』では、一緒に歌ったりエルサになりきって氷のお城を作ったり。
アナ雪の世界に入りこんでしまったお子さんたち。

1739.jpg













最後の『チャルダーシュ』は、浅田真央さんでおなじみの曲。
テレビでフィギアスケートを見ていたのでしょうか。ゆったりとしたメロディーではしなやかに踊っている女の子。
一転、テンポが速くなると、「わ~」と手や頭を振り楽しんでいる男の子。
耳で聴いたり頭で鑑賞しようとする大人とは違い、体で音楽を感じている子どもたちの姿に、バイオリンのお姉さんも楽しそうに演奏して下さいました。

アンコールは、お二人ともバイオリンで『猫ふんじゃった』
時々バイオリンの弦が「ニャオ~」と鳴いているようで、「ドラネコや」「子ネコ?」と敏感に反応していました。


やまももの会のお母さん方、ピアノ・バイオリンのお姉さん。
素敵な時間をありがとうございました。
後半の3クラスも、それぞれ力作ぞろいです。
工夫をこらした作品、どんどんとアイデアが広がっていった作品、コツコツと取り組んだ作品。
ご覧いただけたでしょうか。

作品展に、たくさんお越しいただきありがとうございました。

DSCN1171.jpg























DSCN1179.jpg























DSCN1186.jpg

このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年2月です。

次のアーカイブは2015年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。