2015年6月アーカイブ

    4歳児の祖父母...今日は汚れてもいい服装。子どもたちは思い思いのビニールのエプロン♪
    藍の臭い...手袋でTシャツを持ち、沈めていきます。い~ち、に~!! さ~ん......3分まで待つ。
    もう一度、藍液に入れ...。

    さてさて、どんなTシャツができるでしょうか!? ゴムを切る...ワクワク((o(^∇^)o))はつーづーく♪

    11650855_1876803085877146_600449959_n.jpg11650857_1876803979210390_454356421_n.jpg11693033_1876805845876870_457267049_n.jpg11657543_1876818272542294_873976715_n.jpg
  • 佐藤 哲也 養成校で「保育内容(環境)指導法」を担当している者にとって、津田このみ学園での実践は興味深い内容に溢れています!

  • Konomi Tsuda ありがとうございます。やまももの実で染め物...のれんが出来ました。
    臭いを嗅いでいる子どもはミントの葉を入れていつまでも楽しんでいました。

    この季節は不思議体験いっぱい!!

    昨日から始まった藍染め...今日は祖父母と4歳児が体験します。
    どんな模様を創るか...楽しみです!!

    11657370_1874302529460535_1297745769_n.jpg11637956_1874302602793861_2133651863_n.jpg11297663_1869959736561481_1406489263_n.jpg11350295_1866898123534309_79701139_n.jpg
 このみまつりが6月20日(土)に飾磨西中学校の体育館で行われました。
会場には、約1,000人が集いました。

子ども達が考え、子ども達が進行し、出演する このみまつり。

保護者の皆さまや地域の皆様に支えられて無事に終える事ができました。

また、飾磨西中学校吹奏楽部、TSUDAバトンクラブ、今在家獅子舞保存会の
皆さまにこのみまつりを盛り上げていただき、ありがとうございました。

ふしぎ工作コーナーでは、親子で工作し お家でも楽しまれたようです。
月曜日 園でも続きを楽しむ様子がみられています。
なぜかな?ふしぎだな~どうなるのかな の気持ちを大切にしていきたいです。

DSCN2312.jpgDSCN2317.jpgDSCN2337.jpgDSCN2349.jpgDSCN2356.jpgDSCN2364.jpgDSCN2385.jpgDSCN2387.jpgP6200590.jpg

このみまつりでベビーカーの忘れ物がありました。

園でお預かりしておりますのでお心当たりのある方は、
職員まで声をおかけください。
ご近所のたんぼでどろ遊びをさせていただきました。

ぬるっ
 どろっ
   ぼたっ

さまざまな感触・・・

開放感を味わいました。

DSCN2131.jpg

つばめ組では、折りたたんだ色紙に切り込みを入れて、広げると
どんなかたちになっているか、わくわくしながら 切り紙あそびを
楽しんでいました。

姫路城のプロジェクションマッピングを見た子が、姫路城を描いて
貼り付けていくと"つばめ組プロジェクションマッピング"が見事に
出来上がりました。

DSCN2034.jpg

山陽中学校からトライやるウィークで中学生が2名来てくださっています。
子ども達は、やさしいお姉ちゃんたちにお世話をしてもらったり、遊んでもらったり
しています。

今日は、最終日ということでクラリネットの演奏会を開いてくださいました。
・アンパンマン
・レットイットゴー
・ゲラゲラポー
3曲とも子ども達の大好きな曲で盛り上がりました。

素敵な演奏会をありがとうございました。

DSCF0156.jpgDSCF0190.jpg

DSCF0137.jpg
かなりや組 日誌より

5/27(水)
カラーセロファンをトイレットペーパーの芯に貼って作った"色めがね"を持って
第五公園へ行きました。子ども達は、「これで見たら葉っぱがピンクになるんやで!」
「バッタも赤になるし。」とカラーセロファンを通して見たものに大興奮のでした。
また、太陽の光を通して影に色がつくことにも気づき、色や光への興味を広げています。

5/29(金)
カレーセロファンのめがねでMちゃんが、「ピンクと水色の色めがねで見たら紫に
なった。」と発見しました。
今日は、その2色の絵の具を使ってにじみ絵をしてみました。やはり、その2色が混ざった
ところは紫になっていて、Mちゃんは、帰りの会で自分の気づきを自分の言葉で友達に伝えました。
このような積み重ねで自信につながっていってほしいと思います。

0・1・2歳児のクラス担当者が集まり、研修会がありました。
今回のテーマは、「トイレトレーニング」についてでした。

子ども達の発達をよく観察し、無理なく すすめていきたいと思います。
それには、もちろん家庭と足並みを揃えていく必要があります。

トイレトレーニングを始めるには、おしっこの間隔、おしっこの量、
色、子どもの気持ち・・・さまざまなことを観察し、成功体験へと
つなげていくことが大切です。

子どもにとって排泄の自立は、大きな自信となります。
この夏チャレンジしようと思っておられる保護者の方もたくさん
おられると思います。力を合わせて取り組んでいきましょう。




このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。